「ズバリあなたは
メタボリックシンドロームです」

そんな言葉を突然、

受診した医院で言われたら


あなたはショックですか?

それとも腹が立ちますか?


ーーーーーーー


「メタボリック・シンドローム」と
WHO(世界保健機関)が
発表したのが、1998年
 

日本では、2005年になってからです。
 

では、その以前には
なんと呼ばれていたのでしょうか。
 

そう、
 

かつては「生活習慣病」
その以前には「成人病」
 

と、言われていたものです。


それがいまや、
日本で略した「メタボ」と呼ばれ、
 

まるで、中年太りを象徴するような
フレーズに化してしまいました。


ーーーーーーー


しかし、


どのように呼び方が変わろうと、


成人病、生活習慣病、
メタボリックシンドロームは


どれもが自律神経系、
ホルモンバランス、免疫系に関与して


同じ傾向の病気予備軍だと言えます。


このような状態を予防するには、


この3つの働き
(自律神経、ホルモン、免疫)
を活性化させて、


病気にならない体質を
日頃の「習慣」から
気をつけて「作る」ことです。


なので


どんなに痩せていようが、
キレイな女性であろうが、


私から言わせたら
あなたも立派な「メタボ」かも
しれません。


肩コリ、腰痛、冷え症、生理痛
不妊症、慢性疲労、身体の不調


メタボリックシンドロームを
英訳したら、

Metabolic 代謝
syndrome 症候群
「代謝症候群」となります。


代謝異常を正常にする
当院独自の「健康メソッド」で、


健康を取り戻しましょう!


2962141
 

(画像はネットからお借りしています)